天皇賞春のコース解説

春天予想を的中させよう

京都芝3200mのコースは、G1の天皇賞春だけが実施される特別なコースです。
向こう正面をスタートし、京都名物第3コーナーから第4コーナーの「淀の坂」を経由し、スタンド前を通過した後もう一周するため、ゴール前に坂は無いものの淀の坂を2度通過するタフなコース形態となっています。
かつては坂の途中で仕掛けることは御法度とされていましたが、現在は坂の下りで仕掛け、その勢いのまま直線に向き、ゴールまで雪崩れ込む馬が多くなっています。
反対に、坂の下りは我慢し、直線を向いてから仕掛けるような馬は差し届かない傾向にあります。
外回りコースで行われるため、直線は約400mと現在の競馬場の中では決して長いとは言えず、下り坂の勢いのまま粘り込む先行馬が少なくありません。
ゴール前の直線には坂もないため、ペースによっては大波乱となることもあり、逃げ先行馬には常に注意が必要です。
京都競馬場の難所と言われる第3コーナーの上り坂は、スタート直後と仕掛けどころの直前で通過することになります。
上り勾配は全体で約4mにも達するため、この上り勾配を上手くパスすることがポイントとなります。
また、2周めの下りは加速に利用できるものの、1周めはスピードを出してしまうと掛かってしまう可能性があるため、これらのアップダウンを如何に通過するかが鍵を握ることになります。
天皇賞春の大きな特徴は、他の長距離重賞に比べラップが緩まないことにあります。
ほとんどの長距離戦はスローペースになり、後半以降のロングスパート戦や単純な上がり勝負となりますが、天皇賞春では淀みのない流れになることが多く、中距離馬としての持続力も必要となります。
このため、近年の勝ち馬に純粋なステイヤーはあまり見られず、多くは中距離馬としての資質を見せ、かつ3200mを走り切るだけの体力も持ち合わせている、いわば底力と持続力を両立させている馬が良い成績を収める傾向にあります。
馬場状態は、雨が降らない限りは高速馬場に近い状態で実施されており、これも中距離馬としての資質が必要とされている所以と言えます。
同じような長距離重賞に、京都芝3000mで実施される3歳クラシック最終戦の菊花賞があります。
菊花賞も、毎年ではありませんが中距離戦のように後半以降厳しいラップを踏むことがあるため、そのようなレースになった年の菊花賞を制した競走馬は、天皇賞春でも好走する可能性があるだけでなく、他の中距離重賞でも狙い目となります。
いずれにせよ、勝ちタイムや展開だけでなく、詳細なラップについても分析する必要があります。